包茎手術の専門病院に行ってきた

インターネットの口コミや評判を見比べて、値段はちょっと張ってしまうけど一生に一度の事だから、思いきって自由診療の包茎手術の専門病院で手術を受けることにしました。

包茎手術を専門に行っている専門病院って、メンズクリニック、男性専門、男性美容外科っていう名前でけっこう多くあって、CMなんかでよく流れている大手の美容外科でも、男性専門の別院のような専門病院があるっていうケースもあるみたい。

包茎医師

自分はその中のひとつの評判が良さそうなクリニックで、今後クリニックで自分の症例写真を使っても良いっていう条件付の契約で、安く手術を受けることができました。顔とかは出ないから別に問題ないですからね。顔出し条件だったら絶対に断わりましたけど…。

最初、女の看護師とかがいたらイヤだなって思っていたんだけど、やっぱり包茎手術の専門のクリニックだけあって、スタッフは全員男の人で、駐車場やクリニックの立地もすごく周囲からわかり辛くて、通いやすいなっていう印象がありました。

下半身の悩みって、仲の良い男同士でも、お互いに見栄を張ってしまって正直に悩みを相談できなかったんだけど、担当してくれた先生はかなり親身になって俺の相談を聞いてくれたから、包茎だけじゃなくて、勃起の持続時間が短いことやバイアグラの事まで一緒に相談ができたから良かったですね。

特に早漏のことも気にしていたんですが、包茎手術を受けるだけでも大きく改善される見込みはあるそうです。しばらく様子見ですね。それでだめだったら別で早漏治療を受けることもできるみたいです。

今、30代前半なんですが、俺ぐらいの年齢の人でもストレスでEDになってしまう人って多いみたいで、お医者さんに相談した事で、自分だけじゃないんだ…っていう安心感もあったから、一度、電話で相談だけでもすると気が楽になるかもしれないですよ。

包茎手術の中でも、包皮小帯を残す手術方法とは?

陰茎には、小帯と呼ばれる箇所があります。 俗に、裏スジと呼ばれている部位です。 この部分は性感帯として知られており、メスを入れる場合には細心の注意が必要となります。 小帯を残す包茎手術は、包皮小帯温存法と呼ばれていることが多いですが、正式名称はありません。

病院によっては、特殊手術法、精密切開法と呼んでいることもあります。 オーダーメイドの包茎手術と呼んでも良いでしょう。 性感帯の部分を傷つけないように切除、デザインを行うことが特徴であり、傷口が目立たないというメリットもあります。 一方でデメリットもあり、高度な技術が必要となるので、医師の腕に大きく左右され、下手な方に任せた場合は傷口が目立たないというメリットがなくなるでしょう。

また、この包茎手術自体を行っているところが少なく、受けたくても受けられないというデメリットもあります。 また、オーダーメイドであるので、すぐに手術が行われません。 綿密な打ち合わせを行うことになるので、手術の実行が遅れます。

医師によっては包皮小帯には性感帯などないといった認識の人もいます。実際に包皮小帯を切除された人でも感度的な劣化などは感じないといった体験談も見られます。やはり自分がまかせる医師の認識を信頼できるかどうか、しいてはその医師のことが信頼できるかどうか、この辺を重要視して判断する必要がありますね。