包茎手術を受けて命に関わる尿路感染症を防ごう

尿の通る道である尿路に細菌が入って感染した状態を尿路感染症と言います。 尿は、腎盂、尿管、膀胱、尿道と通って排出されますが、尿路感染症の最近は通常尿道から体内に侵入します。 子供や女性がかかりやすい病気ですが、成人男性がかかる場合は包茎等によるの不衛生が原因の場合が多いようです。 尿路感染症を放置しておくと、細菌が全身に回り敗血症になって命にかかわる事態になってしまうこともあります。

この尿路感染症を防ぐためにも包茎手術は有効です。 包茎の人はどうしても陰部に細菌が繁殖しやすくなりますから、不衛生になりやすいのです。 包茎の人は尿路感染症にかかるリスクが包茎でない人の3倍あると言われています。 包茎手術を受けることによって亀頭を露出させ、常に衛生的な状態にしておくことで尿路感染症を防ぐことができます。尿路感染症から敗血症になると、多臓器不全などの重篤な状態になりかねません。 それを防ぐためにも包茎手術を受けておいた方がよいでしょう。