包茎手術の笑うに笑えない失敗談がいろいろ

包茎手術をするかどうか、まだ迷っているなら失敗談をいろいろ検索するのも参考になるかもしれません。 人間の行なう手術ですから、当然失敗はつき物です。包茎手術には余った包皮を切除して縫い合わせる方法があります。 縫い合わせはオペ技術の腕の差が出る部分です。 あまり下手な手術になると、縫合部分傷跡が残ってしまいあとあとパートナーにバレてしまうこともあるでしょう。

「あんた苦労してきたんだね」と惚れてもらえれば失敗談というより美談になるのですが、「もともとホーケイだったわけ?恥ずかしい」といった反応や、「切らないでそのままのほうが気持ちよかったのに」といった反応になるとフォローのしようがないのです。

包茎手術の笑えない失敗談としては、医者が計測を誤って包皮を切り過ぎてしまい勃起すると包皮が足りなくて突っ張ってしまうというケースがあります。突っ張るだけでなく引きつれが強くて出血してしまうなら、安心して性行為に没頭することもできません。 こんなことになるんなら、やめておけばよかったと後悔することでしょう。

包茎手術の広告などを見るとプラスの面ばっかり押し出されており、実際にどのようなデメリットがあるのか分かりづらいですよね。 ここでは実際の包茎手術の体験談を交えて包茎手術のデメリットや後悔した事を説明したいと思います。

包茎手術をして後悔した事で一番多いのが手術跡が残ることです。 傷跡と言うのは意外と目立ち、特に性交渉のときに生々しい傷跡を見ると気分が醒めてしまうことが多いようです。 その事からEDになるケースもあり、手術跡を見る度に包茎手術をしたことを後悔する男性は多くいます。 現代では手術跡が目立ちにくい手術法や器具が開発されていますが、未だに執刀医の腕によっては大きな手術跡が残るため気を付けなければいけません。

また、包茎手術をすることで不感症になることを後悔する人も多くいます。 包皮には神経が通っているため包茎手術で切除すると感覚が鈍り、人によっては大きく性欲が減退する現象が起きるそうです。 悪質な美容クリニックの中には感度低下を早漏対策にぴったり!などと広告を広めていますが、感度低下によってEDになる人も多いため気を付けましょう。

このように大金をはたいて包茎手術をしても後悔することが多いと涙する人は多いため、手術をこれからしようと思っている方は心しておくといいでしょう。安全な病院で包茎手術を受けたいのであれば、全国展開されている実績が豊富な病院がお勧めです。こちらで紹介されている病院では、東京だけでなく大阪や福岡をはじめとした主要都市で治療が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>