宣伝にあおられて受けた包茎手術を後悔する

包茎で悩んで一生を棒に振って後悔したくない。 そんな切実な思いの男性も多いと思います。 被っていたら男友達にもバカにされる。 パートナーからも嘲られる。 性的にもパートナーを満足させてあげられない。 そう思うと何とかしたいと思うのは自然でしょう。

一方で深刻な真性包茎なのに何も対処をせず平気でパートナーと交渉を持つ男性もいます。 ギョッとしたものの指摘するものはばかられそのまま交渉をもち、とんでもない病気になって後悔するのは女性のほうなのです。

また、問題ない仮性包茎なのに高い費用をかけて手術を行ない、あとで後悔している男性も多いのです。 参照:包茎手術 費用

包皮を切りすぎて勃起時に皮が突っ張り痛い思いをしたり、性感帯を切除されて感じなくなっている男性もいます。 あとから、「包皮を被っているほうが自然だったんじゃないか」と後悔しても後の祭りです。 美容整形は高い手術をたくさんさせようと「包茎は恥ずかしい」とさかんに書き立て若い男性をあおることがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>