縫合曲線作図法という包茎手術の方法が知りたい

包茎手術で行われる方法のひとつに、複合曲線作図法というのがあります。 これは、包茎手術を受ける患者さんひとりひとりのペニスの形に合わせて、先端の皮を切り取る方法です。

包皮を切り取った跡の部分は、亀頭のカサの下に上手に隠れるようになるので、外から見ても手術をしたことがわからないようになります。 ただし、この複合曲線作図法は、メリットが高い反面、高度なテクニックを要するため、熟練した医師のいる病院でしか行われていません。宣伝にあおられて変な病院で手術すると、こういった熟練の医師はいなかったりします。

複合曲線作図法の大なメリットは、やはり、見た目がきれいだということです。 せっかく包茎手術をしても、跡が残ってしまったら、ペニスにコンプレックスができるので、包茎の時と変わらなくなってしまいます。

デメリットは、手術可能な病院を探さなくてはいけないというところです。 また、細かく止血をしながら手術を行うため、手術時間が長くなります。しかしその分、出血量が最少で済むので、体に負担がかからないようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>