短小でも包茎でも気にするなリッパな男だぞ

一昔前のお下劣な恋愛小説では、わがままな女性が付き合っている男性を非難するときに「短小!包茎!」と汚い言葉を投げつけるのがお決まりでした。 そういう言葉は感情的になっていうだけで、事実を直視しているとはかぎりません。 実際のところ、短小と包茎はまったく別物です。

短小とは男性の陰茎が通常より短いという意味です。 とはいうものの、それでは「通常は何センチなのか」と問われて答えられる女性はそう多くはないでしょう。 また通常時に短小であっても、普通に排尿することができれば何も問題ないはずです。

女性が「短小!」と相手を侮辱するために投げつける汚いことばは、たいてい勃起時に満足できるほどの長さにならないというこれまで口にしてこなかった不満を一気にぶちまけて言うのでしょう。 しかし、実際には女性が快感を得られるために長さはそれほど重要ではありません。 逆に長い陰茎が挿入されると痛くてたまらない、と感想を語る女性も多いのです。

包茎に関していえば、勃起時にも亀頭が露出しない真性包茎は衛生上改善したほうがよさそうです。 しかし、勃起すると頭をだす仮性包茎であれば何も問題ないでしょう。 仮性包茎のほうが男女とも快感を得られると評判です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>