包茎手術の中でも、包皮小帯を残す手術方法とは?

陰茎には、小帯と呼ばれる箇所があります。 俗に、裏スジと呼ばれている部位です。 この部分は性感帯として知られており、メスを入れる場合には細心の注意が必要となります。 小帯を残す包茎手術は、包皮小帯温存法と呼ばれていることが多いですが、正式名称はありません。

病院によっては、特殊手術法、精密切開法と呼んでいることもあります。 オーダーメイドの包茎手術と呼んでも良いでしょう。 性感帯の部分を傷つけないように切除、デザインを行うことが特徴であり、傷口が目立たないというメリットもあります。 一方でデメリットもあり、高度な技術が必要となるので、医師の腕に大きく左右され、下手な方に任せた場合は傷口が目立たないというメリットがなくなるでしょう。

また、この包茎手術自体を行っているところが少なく、受けたくても受けられないというデメリットもあります。 また、オーダーメイドであるので、すぐに手術が行われません。 綿密な打ち合わせを行うことになるので、手術の実行が遅れます。

医師によっては包皮小帯には性感帯などないといった認識の人もいます。実際に包皮小帯を切除された人でも感度的な劣化などは感じないといった体験談も見られます。やはり自分がまかせる医師の認識を信頼できるかどうか、しいてはその医師のことが信頼できるかどうか、この辺を重要視して判断する必要がありますね。