フォアダイスは性行為などで感染する危険はあるのか

フォアダイスとは、陰茎にできる白いポツポツです。 見た目からすると、性感染症による出来物かと思われがちですが、フォアダイスの場合は性感染症とは関係がありません。 原因ははっきりしませんが、陰茎にできるにきびのようなものと考えると良いでしょう。

性感染症ではないと言うことで、フォアダイスには感染の心配はありません。 性行為を通しても、相手の女性に感染すると言うことはないのです。 ただ、フォアダイスについての知識がない女性からしてみると、見た目が性感染症のようですから、あまり好感はもたれないかもしれませんね。

また、たとえばフォアダイスから出血をしたとします。 フォアダイスからの血に触ったところで、転移すると言うこともありません。 出血をした際の注意点とすれば、傷口から雑菌がはいって化膿してしまうことがないようにしなければならないということです。

化膿を防ぐと言う点においても、自然治癒を早めるという点においても、フォアダイスが出来たら清潔に保つようにしましょう。治療を求める人はこちらのサイトで安全で安いクリニックが紹介されています。参照:フォアダイス

早漏の原因は間違った知識からくる劣等感や恐怖心

早漏になる原因になるのは、やはり経験や恐怖心からではないでしょうか。 やはり原因は、仮性早漏の人に多い性行為の経験が少ない人や全く経験がない人が劣等感や恐怖心から早漏になっているんじゃないかと思います。

今の時代ですと簡単にネットで大人の映像が調べられますよね。 そうすると、どうしても人と自分と比べてしまうと思うんですよ。 そうなると自分だけが「なんで自分はこうなんだろう」と悪い方に思い込んでしまうんだと思います。

比べる相手がプロ、話が盛られたネットの話を性行為の経験が少ない人が見たら、間違った知識を覚えてしまいますよね。 こういう人たちは、早漏でなくても性行為の時パートナーにどう思われるか不安になり深読みしてしまうと思うんです。 その知識や不安の蓄積が徐々に早漏になってしまう原因になると思います。

自信を持つ事と、自分の経験を大事にして欲しいですね。 誰もが初めはありますし、パートナーにどう思われるかって考えられる事は、パートナーに対して優しさを持っている証拠なんですから平常心で性行為をして欲しいです。