秘密を守り通しながら包茎手術の激痛に耐える困難

包茎手術は痛みがあるのだろうか。 それも手術前には心配な点です。 骨折などといった普通に話せる治療なら、痛くても周囲に話して理解してもらえますが、包茎手術となると学校の同級生や会社の同僚には秘密でうけることがほとんどでしょう。

痛みに耐えかねて歩き方が変になったり、用事があるのに走れなかったりすれば「いったいどうしたの?どこか悪いの?」と可愛い女子社員が気を遣ってくれるでしょう。 それこそ説明不可能なシチュエーションであり、激痛と困惑に耐え切れないことでしょう。

包茎手術を受けた後数日は、どうしても痛みを感じるものです。 排尿時のズボンのチャックの上げ下げや出し入れ、シャワーを浴びるとき、つい思わず不真面目なことを考えて勃起してしまったときなどには激痛が走るかもしれません。

同じ課の気になる女子社員は朝からどうしたのかとチラチラ注目するでしょうし、変に同情心をもたれても困るのです。 まさか包茎手術を昨日したばかりなんだ、ともいえず言い訳を考えて「気にしないでいいよ、生理痛みたいなものだから」と口走ってしまったら、心も激痛でたまらないでしょう。

包茎手術後の注意点などはこちらで解説されています。事前に読んでおくと役立つでしょう。参照:包茎手術 術後